産後の骨盤の歪みを治したい(産後の骨盤矯正)

出産後、こんなことでお困りではありませんか?

  • 腰痛がひどくなった
  • よくぎっくり腰になる
  • 肩こりがするようになった
  • 股関節に痛みがある
  • 体型が変わってしまった
  • 出産前には履けていたズボンが入らなくなった
  • 産後太りを解消したい
  • 下腹が出ている
  • 生理痛を何とかしたい
  • 血行が悪くなり、よく手足がむくむようになった
  • 冷え性になった
  • よく便秘になるようになった
  • 産後の尿漏れを何とかしたい
  • 他院で産後の骨盤矯正を受けても、すぐに元に戻る

産後のつらい症状でお困りでしたら当院へご相談ください

出産後、こんなことでお困りではありませんか?出産後、慢性的な腰痛や肩こり、冷え性、尿漏れなどのつらい症状でお悩みでしたら、住之江区の粉浜西鍼灸整骨院までご相談ください。これらの症状は、「産後の骨盤の歪み」が原因で起こっている可能性があります。
骨盤は普段の姿勢や日常生活の癖以外にも、出産により歪んでしまう場合があります。ですが、産後の骨盤の歪みは当院の「骨盤矯正」で正すことが可能です。当院の施術でつらい症状を改善させ、お体の調子を整えられてみてはいかがでしょうか?

産後、どうして骨盤が歪むのでしょうか?

出産時には骨盤が開きやすい状態になります

出産時には骨盤が開きやすい状態になります骨盤は、仙骨・腸骨・恥骨・座骨・尾骨・大転子・大腿骨・股関節・仙腸関節などで構成されていますが、女性の骨盤は出産するために男性と比べて広くなっています。そして出産時、赤ちゃんを産むために「リラキシン」というホルモンが分泌されて、骨盤まわりの靭帯が緩んで骨盤が開きやすい状態となります。
出産後、開いた骨盤は正しい位置に戻ろうとするのですが、妊娠中の体のバランスの変化や、横座りなどの体にとって良くない姿勢を長時間とったりすることなどが原因で戻りづらくなり、結果、骨盤が歪んでしまうことになります。

産後の骨盤の歪みによりこんな症状が現れることも…

  • 頭痛、肩こり、腰痛などの不定愁訴
  • 下半身に負担がかかることで膝が痛くなる
  • 股関節痛
  • 猫背
  • O脚・X脚
  • 血行が悪くなってむくみやすくなる
  • 冷え性
  • 生理不順
  • 内臓下垂
  • 疲れがとれにくくなる
  • 集中力が低下する

骨盤が開いたままだとスタイルにも影響が…

骨盤が開いたままだと、骨盤まわりに余分な脂肪が付きやすくなり、その結果、お尻や太ももなどの下半身が太くなる方もいらっしゃいます。このように、骨盤の歪みは出産後のスタイルにも影響を及ぼす場合がありますので、「出産前の体型に戻りたい」という方はお気軽に当院までご相談ください。

こんな影響が及ぶ場合があります
  • 出産前には履けていたズボンが入らなくなる
  • お尻が大きくなって、下がってしまう
  • くびれがなくなる
  • 骨盤まわりの骨が出っ張る

産後の骨盤の歪みは当院へお任せください

出産後1ヶ月から施術が受けられます

出産後、安静にしていると2週間から1ヶ月程度で骨盤は元の位置に戻ろうとしますが、授乳の際の猫背、横座り、足組みなどの体にとって良くない姿勢を長時間とり続けると、骨盤が元に戻らなかったり、ずれや歪みがひどくなったりすることがあります。
こうした産後の骨盤の歪みを正すためには、当院の「産後の骨盤矯正」が効果的です。通常、出産後1ヶ月程度、帝王切開により出産された方は2ヶ月程度から施術が受けられますので、産後、お体の不調でお困りでしたら当院までお気軽にご相談ください。

年数が経過している場合でも施術は可能です

一般的に「産後の骨盤矯正は6ヶ月以内に受けなければいけない」と言われているようですが、そうとは限りません。患者様のお体の状態に寄っても異なりますが、出産してから年数が経過している方にも施術は可能です。「もう出産してからずいぶん時間が経っているから…」と諦めずに、ご希望の方はまずは一度当院へご連絡ください。

Tel.06-6676-6188お問い合わせフォーム
一番上に戻る