腰が痛い・重い

腰痛

腰痛の原因

腰痛の原因腰痛は、「誰もが一生に一度はなる」と言われているほどよく起こる腰の病気ですが、その原因は実に様々です。腰に過度な負担がかかって起こることもあれば、骨盤の歪み、運動不足により筋力の低下、ストレスのほか、内臓の病気が原因で起こることもあります。

腰痛の症状

  • 腰が痛い
  • 腰が重だるい
  • 痛みのせいで腰が伸ばしにくい
  • 痛みのせいで腰が曲げにくい
  • 痛みのせいで腰が動かせない

腰痛の治療

腰痛の多くはそれほど過度に心配する必要はありませんが、放っておくと症状が悪化したり、別の病気が隠れていたりすることもありますので、一度当院で適切な施術を受けられるようにしてください。骨盤の歪みなど、根本原因にアプローチして症状を改善していきます。

ぎっくり腰

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因ぎっくり腰は「急性腰痛症」とも言い、ほんの少し姿勢を変えたり、前屈みになったり、重いものを持ち上げた時などに、突然、腰に激痛が起こる状態を言います。主な原因として、姿勢の悪さ、全身のバランスの乱れ、運動不足による筋力の低下、過度なトレーニングなどが挙げられます。

ぎっくり腰の症状

  • 腰が痛くて姿勢が変えられない
  • 腰の激痛により立ち上がったり、歩行したりできない
  • 腰を屈伸させることができない

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰になったら、まずは楽な姿勢で安静を保ちます。しばらく安静にすることで痛みが引く場合もありますが、症状が改善されない場合には当院までご連絡ください。痛みの激しい急性期を過ぎた後に、ぎっくり腰の根本原因を確認して適切な施術を行います。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因椎間板とは、椎体と椎体の間でクッションのような役割を果たしているもので、椎間板の中心にはゼリー状の髄核があります。この髄核が何らかの要因により椎間板から押し出され、周囲の神経を圧迫することで激しい腰痛や足のしびれ、坐骨神経痛などを引き起こします。
髄核が押し出される原因として、加齢、姿勢の悪さ、肥満、長時間同じ姿勢をとり続ける、過度なトレーニングなどが挙げられます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

  • 激しい腰の痛み
  • 鈍い腰の痛み
  • 足のしびれ
  • 臀部から太もも、足先にかけての痛み(坐骨神経痛)
  • 腰の痛みにより立ち続けられない

腰椎椎間板ヘルニアの治療

痛みの激しい急性期では、楽な姿勢で安静を保ちます。急性期を過ぎても症状があり、慢性化した場合には、牽引療法を行ったり、コルセットで患部を安静にするほか、温熱療法で血行を促進したりします。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因臀部から下肢にかけて走っている坐骨神経が刺激されることで、お尻の片側や太ももの裏側、ふくらはぎなどに痛みが生じます。主な原因として腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症などによって坐骨神経が刺激・圧迫されることで起こります。

坐骨神経痛の症状

  • お尻の片側や太ももの裏側、ふくらはぎなどの痛み
  • 踵やくるぶしの痛み
  • 足のしびれ
  • 足の感覚鈍麻(鈍り)
  • 歩行障害

坐骨神経痛の治療

牽引療法や温熱療法のほか、鍼灸治療などにより症状を改善に導きます。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症の原因腰部脊柱管狭窄症は、腰椎椎間板ヘルニア、加齢、長時間同じ姿勢をとるなどの原因により、骨や関節、椎間板、靭帯などが肥厚し、脊柱管が狭くなって神経を圧迫することで起こります。圧迫する神経の種類により、「馬尾型」「神経根型」に分けられ、両方が起こるものを「混合型」と言います。
腰痛のほか、間欠性跛行(歩くと足に痛みやしびれが生じるが、少し休憩するとまた歩けるようになる状態)、足のしびれ、排尿障害などの症状が現れます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 腰痛
  • 間欠性跛行
  • 足のしびれ
  • 足のもつれ
  • 下半身が重だるい
  • 排尿障害

腰部脊柱管狭窄症の治療

背骨を後方に反らすと症状が悪化するので、コルセットを付けて患部を安静にするほか、痛みの激しい急性期を過ぎたら腰椎の湾曲を矯正するなどの方法で、症状を改善に導きます。

Tel.06-6676-6188お問い合わせフォーム
一番上に戻る