肩が痛い・だるい

肩こり

肩こりの原因

肩こりは多くの場合、肩の筋肉の疲労が溜まったり、血行が悪くなったりすることで肩の筋肉が緊張することで起こります。肩の筋肉の緊張を引き起こす要因として、骨盤の歪み、長時間のデスクワーク・パソコン作業、姿勢の悪さ、眼精疲労などが挙げられます。

肩こりの症状

  • 首から肩にかけての筋肉のこわばり・痛み
  • 首の後ろから後頭部にかけてのつっぱり
  • 肩が動かしにくい
  • 首が重だるい
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気

肩こりの治療

マッサージや温熱療法、鍼灸治療などにより肩の筋肉の凝り・緊張を取ります。骨盤の歪みや姿勢の悪さなどが原因で肩こりが起こっている場合には、それらを矯正し正しい位置に整えて根本から改善していきます。

 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の原因

四十肩・五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」と言い、加齢、外傷、自律神経障害、ホルモンバランスの変化などが原因で起こるとされています。腕を上げたり、肩を動かしたりすると痛みが生じます。40歳以上の方によくみられます。

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の症状

  • 腕を上げると痛みがある
  • 肩を動かすと痛みがある
  • 肩が上手く動かせない
  • 手が背中に回らない
  • 夜間や明け方に強い痛みがある

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の治療

多くの場合、自然に治りますが、重いものを持つなどして肩関節に負担をかけないようにし、無理な動作を控えて安静な状態を保ちます。その上で、超音波を用いた温熱療法などで症状を改善させていきます。

反復性肩関節脱臼

反復性肩関節脱臼の原因

反復性肩関節脱臼の多くは、最初の脱臼を整復(元の位置に戻すこと)した後、きちんと固定されていなかったことで起こります。日常的な動作を行うだけでも脱臼を繰り返すようになります。

反復性肩関節脱臼の症状

  • 日常的な動作を行うだけでも脱臼を繰り返すようになる
  • 関節の痛み・腫れ
  • 関節が動かしにくい
  • 関節の変形

反復性肩関節脱臼の治療

脱臼を整復すれば問題なく生活を送ることはできるようになりますが、何度も脱臼を繰り返し、それによって生活に支障をきたすような場合には、外科手術を検討する必要があります。

野球肩

野球肩の原因

肩に負担をかける投球動作や、過度なトレーニングなどにより肩の関節包や肩関節の腱・筋がダメージを負った状態です。野球などの投球動作を繰り返すことで起こりやすいため、このような名称が付いていますが、投球動作を行うスポーツをしていなくてもなる場合があります。

野球肩の症状

  • 肩の痛み
  • 肩の炎症
  • 肩が上手く動かせない

野球肩の治療

痛みが引くまで投球動作を禁止するなど、肩を安静な状態に保ちます。この時、湿布やアイシングで痛みを和らげるのも効果的です。野球肩では症状を起こさないように予防することが大切です。正しい投球フォームの習得や、筋力トレーニングやストレッチ、投球前のウォームアップなどで適切に予防するようにしましょう。

Tel.06-6676-6188お問い合わせフォーム
一番上に戻る